出会い系で知り合った女の子とデートするとなった時、何かしらのお店に入ることになるでしょう。例えば、カフェや居酒屋を欠いてはデートは成り立たないですよね。
 
そのようなお店を利用する時に、あなたは気をつけていることがあるでしょうか。
 
実はデートでお店を利用する時にはたくさんのテクニックがあります。これらは全てデートを成功させるために効果を発揮するテクニックです。
 
今回はそんなテクニックを紹介します。
 
 

居酒屋がいい

 
 
あなたのデートの目的は何でしょうか。その日にセックスを目指していたり、セックスはなしで彼女にしたかったり、人それぞれでしょう。
 
しかし、どんな理由であれ、有効なのが「居酒屋デート」です。
 
というのも、アルコールというのは人の理性をふっ飛ばしてくれます。これはデートにおいてはかなり吉に出ることが多いです。お互いに本心で語ることができるのです。
 
これにより、実はエッチな女の子が隠していた自分をさらけ出し、自分から男を誘うようになったりとか、そういう可能性もあるのです。また、エロに関係なくても、お互いに深く話し合うことができ、カップル成立にかなり近づくでしょう。
 
アルコールが入れられる場所であれば居酒屋でなくても構いません。バーでもなんでもいいので、とにかくアルコールを利用しない手はないでしょう。
 
 

横並びの席がいい

 
居酒屋などのお店に入って2人で座る時に気をつけることがあります。
 
それは横並びに座るということです。
 
そしてもっと言えば、カウンター席などよりも個室がベストです
 
というのも、お互いに隣に座るということは心理テクニック的にかなり恩恵があるのです。お互いに横並びになることで必然的にお互いに同じ方向を向く事になります。これにより、心理的に仲間意識を持つ事になるのです。仲間意識を持てば、よりわかり合うことができます。
 
反対に、対面の席に座ってしまうと、敵対しているような心理を持ってしまうことがあります。
 
これらはあまり実感が湧かないかもしれませんが、有名なテクニックで広く認められているものなので、試してみる価値はあるでしょう。
 
 

基本は奢る

 
お店でのお勘定は基本的に奢るようにしてください。
 
女の子は奢られると嬉しいものです。自分のことに興味があるのかなと思ってくれたり、その好意を返そうとしてくれます。つまり、奢ることでその恩があなたに帰ってくることが多いのです。
 
これは下世話な話、セックスにも繋がりやすくなります。「奢ってもらったから今日は許しちゃおう」と思う女の子も少なくないのです。
 
また奢ることであなたの経済的な余裕を見せつけることができたり、ジェントルマンなところを見せることができますのでオススメです。
 
逆に、奢らずに割り勘にしてしまうと悪い印象を持たれる事になるかもしれません。この人はケチだなと思われてしまっては、デートが失敗に近づいてしまいますので、注意してくださいね。
 
 

暗いお店を選ぶ

 
居酒屋やバーなどはできるだけ暗いところを選んだ方がいいです。
 
これは特にセックスをしたい人にはもってこいのテクニックです。暗いところというでは、当たり前ですがお互いに見えづらくなります。それにより、多少のことならさらけ出していいやという心理に陥りやすいのです。
 
つまり、明るいところよりも簡単に手をつなぐことができたり、キスをしたりできます。
 
これも深層心理的な部分の話なので実感が湧かないかもしれませんが、広く認められているテクニックなので、ぜひ試してみてください。