出会い系で女の子と会う時に注意すべきことの一つとして大切なのが、「本当に思った通りの子」なのか確かめるということです。
 
というのも出会い系では、デートで会ってみるまでは相手を生でみることができません。写真で見たり、プロフィールを読んだりして相手の想像をすることしかできないのです。これを知っている女の子はうまく自分を装って良い感じに見せようとしてきます。だから、あなたが油断していると、騙される可能性があるのです。
 
出会い系でデートする時には事前に相手のことをよくチェックすることが不可欠です。今回は「好みじゃない」女の子とデートしないために気をつけることを紹介します。
 
 

プリクラやSnowを信用しない

 
出会い系に登録している女の子の多くは自分を盛って見せてきます。中でも多いのが、プリクラと、最近ではsnowを使ったプロフィール写真です。
 
これらをプロフィール写真にしている女の子と会う時には注意が必要です。決して、プロフィール写真を鵜呑みにしないようにしてください。
 
プリクラやsnowを使ったことがある人ならわかると思いますが、あれはかなり顔が変形します。正直別人レベルです。実際に会った時に、「だれ?」とならないようにするためにもプリクラやsnowの写真は「実物の2段階増し」ということを覚えておきましょう。
 
 

写真を求めるのもアリ

 
出会い系で女の子とデートする前に女の子の顔を確かめる方法として、直接写真を求めるのもアリです。プリクラ出ない写真をみることができれば、相手の実際に近い顔がわかることになります。
 
ただし、ここで注意が必要です。写真を求めるのは、もう女の子側が自分と合う気満々の場合にしてください。
 
というのも写真を求められるというのは、女の子側からすると決して良い気はしません。自分が疑われてるんじゃないかという不快感と、写真を見せることで嫌われるのではないかという不安感があります。
 
だからやすやすと写真を求めない方が吉です。できるだけ気をつけながら写真を求めるようにしましょう。
 
 

もしも会った子がタイプじゃなかったら

 
 
事前に気をつけてはいたけれど、会って見てタイプじゃないことが発覚した場合もあるでしょう。そういう時は、もうデートをするしかありません。ここで帰ってしまっては失礼になります。
 
ただデートをすると言っても早く切り上げることは可能です。一軒飲んで解散みたいな流れにすれば出費も安く収まるでしょう。
 
そして、タイプじゃない子と会ってしまった時にオススメなのが、次につなげることです。
 
女の子の友達を紹介してもらったり、その子を通して合コンをしたりすれば、そのデートは無駄にはなりません。タイプじゃないことは一見ネガティブなことですが、このようにポジティブに変換することもできるのです。
 
もしくは、思い切って抱いてしまうのも手です。見た目はタイプじゃなくても、ベッドの上では相性が良かったり、意外と好印象を受けることもあるかもしれません。
 
なんにせよ、デートした女の子がたとえタイプじゃなかったとしても、ポジティブに受け取ることが広い意味でデート成功させる秘訣です。